きらきらにこにこ・・・ 光あふれる庭。笑顔で過ごせる時を夢見て。
             
     
                 
     
                    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
快晴につき。   
快晴につき。
庭でお茶をば。。。

IMG_3286.jpg

と、思って、テーブルにパラソル出したのに。

子供達に占領されてあぶれちゃった・・・(TT)


今日は、子供達の保育園の参観日兼奉仕作業。

子供が二人通ってるのに、私一人しか参加できないの。
でも、それって、一寸切ない~って思って、
実家から実両親の助っ人を頼んじゃいました~♪

でも、そんな大げさな事してるのうちだけやった・・・(^^;)

でもでも、じじばばも楽しんでくれたみたい!?
こんな時間も絶対悪くないはず~と思いたいところです。

因みに、奉仕作業中はじじばばは下の子のクラスと一緒に
行動して貰ったのですが・・じじは、他の子のじじになってたとか?

散歩やったのですが、肝心の孫は他の子とちゃんと手をつないで
たったか先を歩き、じじは他の子から求められ、他の子と
手をつないで歩き、何かを座ってみるときには膝に他の子が・・・(^^;)

次男も「僕のおじいちゃんなのに!」って思ったときは、
間に割り込んでましたけどね~

基本的に普段いないおじいちゃんはいてもいなくてもいい次男は、
他の子に取られててもあまり気にならなかったみたいです。

因みに、ビデオを撮ってるばばは、たっくーん楽しい?!って
声をかけながらふと、「あ。違う子だっっ」って慌ててました。(^^;)


長男は・・・と言えば、昨日、父がいけないとはっきり知って、ショック。
はっきり言ってなかったのは、まさか父が来ることを楽しみにしてるとは
思ってなくて・・・(^^;)

お父さんの歌を練習してて参観日で歌うから!!って張り切ってたみたいで・・
確かに父の日前日の参観日だから父親宛の何か~ってあっても
おかしくはないけど、去年もそういうことは心配したけど、なかったし、
お父さんのいない子やお父さんが出席できない子は
あまり嬉しくないだろうに・・・と、親心としても切なく。

一応、自分でお願いしてごらん?って子供に言ってみたけど、
夫ははっきりいけないって言ったみたい。

私としても、すこしくらい仕事を抜けて顔出してあげて欲しかったんだけど・・・

忙しい日だから仕方がないかぁ~


長男は、ビデオでちゃんとお父さんが見られるようにするから!って
言ったら納得してくれたので、ビデオ撮影は必死でした。

が、結局、お父さんの歌はなかった・・・(^^;)

そうだよね~長男の勘違いかぁ・・・・(苦笑)



長くなりますが、


こんな忙しい日の朝一番。

トイレに入ると、有るはずの水がない!

あれ??って普通に流してみたら今度はなみなみといっぱいに・・・

つっっっ詰まってる?!(^^;)


一応ブラシで触ってみて、あれこれしまくってもだめで・・・

起きてきた次男に聞くけど、「しらないっっ」っていうし。
そろそろ起きても良い頃の長男を起こして、聞いたら、
たっくんが・・・と言うし。

どうやら、次男が、トイレットペーパーを大量に流したらしい。

でも、本当にトイレットペーパーだけなのか?は解らないし・・・

義実家にスッポン?(つまりを直す物)がないか聞きに行ったけど、なくて・・・
HCが開くのを待つか、業者を呼ぶか・・・と思いつつ、実家に電話してみたら、
有りました~~♪で、届いたと同時に何度も試したけど、だめで・・・(TT)

こりゃ、もう業者を呼ぶしかないのか・・・と、諦めつつ参観日に。

トイレにブルーレットを入れた後なので水はブルー。心もブルー。

帰って再び詰まったトイレで悪あがき。


業者呼ぶんだけどさ~すっぽん!
いくら掛かるんだよ~~~すっぽん!!
抜けない物は抜けないんだ~~すっぽん!

延々スッポン言わしてたら、手応えが~~(TT)

そして全部流れてくれて終了しました。


今では、元通りのトイレです。

ホント、よかった~~助かった~~~



      しかし、次男め・・・


    
スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
トラックバック
トラックバックURL
→http://kiraniko.blog19.fc2.com/tb.php/1257-33db6bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
     
              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。